出展企業を募集中!知るナビで、帰社の介護・福祉に関する商品・サービスを紹介しませんか?

TOP > 介護・福祉関連情報 > 有料老人ホームで利用者の個人情報流出の可能―株式会社ケア21が運営

有料老人ホームで利用者の個人情報流出の可能―株式会社ケア21が運営

一覧に戻る

介護付き有料老人ホーム「たのしい家さいたま南与野」「たのしい家横浜鶴見」「たのしい家習志野実籾」を運営する株式会社ケア21は、利用者等の個人情報が、外部に流出した可能性があることを発表した。

同社関連会社のケア21メディカルの従業員が、1月20日の帰宅途中、個人情報が記載された書類の入った鞄を電車で置き引きされた。
翌日、JR池袋駅の遺失物係に類似品が届き、確認したところ本人のものであることがわかった。
個人情報が記載された書類そのものは紛失していなかったが、第三者の目に触れた可能性を否定できない。現時点では、個人情報を悪用された等の情報はないが、新たな事実が明らかになった場合には、利用者やその家族に速やかに連絡する考えだ。

■個人情報流出の可能性が考えられる対象の方々
・「たのしい家さいたま南与野」のご入居契約をされた方のうち、73名の方
・「たのしい家さいたま横浜鶴見」のご入居契約をされた方のうち、71名の方
・「たのしい家習志野実籾」のご入居契約をされた方のうち、60名の方

同社では再発防止に向けて、個人情報の管理を徹底し、信頼回復に全力をあげて取り組む方針だ。

◎株式会社ケア 21
弊社有料老人ホームご利用者等の個人情報漏えいの可能性について
http://www.care21.co.jp/other/pdf/kojinjouhou2.pdf

提供:ケアマネジメントオンライン(別ウインドウで開きます)

一覧に戻る

このページのトップへ戻る

介護・福祉関連商品・サービスの検索