出展企業を募集中!知るナビで、帰社の介護・福祉に関する商品・サービスを紹介しませんか?

TOP > 福祉用具・介護用品 > 介護ベッド > 介護ベッド > スーパー低床介護ベッド

スーパー低床介護ベッド

このページを印刷する

スーパー低床介護ベッド
特徴
布団代わりにもリフター代わりにもなる画期的な介護ベッド!        

認知症の要介護者は自己の行動の認知が難しく、ベッドからの転落等の事故が多発しているためベッドの
代わりに布団を使用するのが一般的となっています。しかし、移動のために療養者を持ち上げ、車いす等
に乗せかえる際、腰にかなりの負担がかかるので腰を痛めたりします。

■療養者の安全を守る布団感覚の介護ベッド
認知症が社会問題化する中で、ベッドからの転落事故が多発しています。
どんなに高度な医療器具が完備され、理学療法士・作業療法士や看護師等から構成されるチーム医療に
支えられている病院の回復期リハビリテーション病棟でさえも転落事故は多発しているのが現状です。

原因は認知機能が衰える事にあります。従って認知症の方々の訓練によって事故の軽減を図ることは難
しいことで、事故を減らすにはベッドそのものを改良する必要があります。現場ではその対策として
認知症の方々は布団に寝かされていることにあります。        

Zero Evolution※を推進しているローランドベット株式会社では、布団と同じようなベッドが出来な
いものかというコンセプトのもとに開発に取り組み、その結果としてベッドを低床化することで認知症
の方々のベッド事故が限りなく軽減できると同時に、介助者の負担軽減にも大きく役立っています。
この低床介護ベッドは日本初の最短の高さ5pです。
備考欄
低床介護ベッドのメリット
■療養者は(介護を受けるられる方)      
1. 転落事故が防げるのでサイドレール等で柵を設ける必要はありません。
2. 介護を受けるられる方に開放感を与える事で尊厳と自由を与えることが出来ます。    

■介護をする方は  
1. 転落という心配がありませんので、頻回に見廻る必要がなくなり、介護者の負担が大幅に軽減でき 、
ゆっくり 休養がとれます。
2. 無段階昇降機能を備えているので、移乗が楽に 行える他、介護者の労力が大幅に軽減できる等 、腰痛
予防に役立ちます。
3. 安心安全を提供する事が出来るので、精神的に 楽になり、経済的にも効果を上げます。
4.介護者のきつい仕事から解放され、介護者の定着率が高くなります。
5. 身障者にはトランスの際、リフター代りになります。
価格
462,240円 (税込み)
購入可能
関連ホームページ

JEIC販売 株式会社

郵便番号:192-0023
住所:東京都八王子市久保山町2-36-4
TEL:042-659-3110
FAX:042-659-3550
URL:http://jeic-sa.jp/
担当部署:総務部

この商品に関して問い合わせる

このページのトップへ戻る

介護・福祉関連商品・サービスの検索